ページの先頭です
MIXCD / MIXTAPE ・DVD  >   >  DJ A  [RE:BONUS BEATS]

DJ A  / RE:BONUS BEATS 新品 NEW

DJ A> / RE:BONUS BEATS

画像クリックで拡大表示

Item No. D10004011
Label FOG HILLS
Catalog FOGH003
Price \1,362 (\1,470 税込)
Made in JPN
Year 2013
Format CD
Cover NM
Vinyl NM
Condition
Genre MIXCD / MIXTAPE ・DVD
Sub genre MIXCD / MIXTAPE , HIP HOP MIX CD・TAPE・DVD

DJ Aの約4年ぶりの最新作は、DJ Aと同郷である、Japonica Bambaataa 81によるBeatsに、DJ Aの最大の武器である’’擦り’’を詰め込んだ楽曲で幕が開かれる…その後も、随所でその’’擦り’’のSkillを光らせながら展開していく今作は、Hiphopを軸にしながらも、ジャンル、年代、国籍、BPMに捕らわれ過ぎることない選曲がされた作品となっている。また、1.2.9.12.19.等、自身の音源(9.は未発表音源!!)や、身内の作品が収録される事で、DJ Aの活動の足跡を辿りながらも、現在、そして、これからの活動も垣間見ることができる。( Natural 9 Nation / stinkin’ jazz arkestraは現在、次回作を、製作中!!)。

ブログへ掲載
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 
1. Intro / japo’s beats ( a rmx) -- DJ A
2. LUV(SIC) part5 (japo81 rmx) -- shing02
3. Never Can Get Enough -- The London funk allstars
4. A Night at Sabanna + FAST LIFE (Kool G Rap feat. Nas) -- Shin-ski(of Martiangang)
5. Morning Stardust -- Haiiro de rossi
6. HUG – Tiny Voice, Production
7. Not Just Anybody (Atjazz Remix) -- Rea & Christian
8. Wave -- PULSE
9. No title instrumental -- DJ A
10. EXPAND ON THE TOPIC feat. SEASON,SENSE LIVE & J-NISE -- The Wiseguys
11. Light -- Spencer Doran
12. BOKU NO ONGAKU -- KAIMANENT + DJ A = Stinkin’ Jazz Arkestra
13. LIKE IT OCELOT -- The Curyymints
14. Bahia blues feat. MONET -- DJ spinna
15. YESTERDAY (FAT JON REMIX) -- 3582
16. SUN DAY feat. Meiso (another Sun Remix) -- DJ 41 a.k.a Another Sun
17. Same Old Situation -- SMOLLTOWN DJ’S
18. Mayonaka no jitensya (Inst.) -- SMALL CIRCLE OF FRIENDS
19. no pain , no gain -- lee feat Cult



DJ A ( Natural 9 Nation / colors / stinkin’ jazz arkestra)

Natural 9 Nation / colors / stinkin’ jazz arkestra に所属するDJ / Track maker。地元熊本にて97年より活動を開始。その後、福岡へと活動拠点を移してからは、KAIMANENTと共に、HILLCLIM、NATURAL 9 NATIONのメンバーとして活動を続けてきた。その一方でDJ TAKAYA、DJ 41等によるTurn table集団“colors”に所属しScratchの腕を磨き、福岡を中心に、Natural 9 Nation、stinkin’ jazz arkestraは勿論、その他にもsmith、cultと等の様々なアーティストの音源にScratchで参加している。これまでにmix tapeを8本,mix cdを2枚発表しているが、毎回、色の違う作品を発表しているだけに、今後もその活動から目が離せない存在である。


チクロモバイルQRコード