ページの先頭です
MIXCD / MIXTAPE ・DVD  >   >  MACKA-CHIN  [揺〜D.N.A.〜]

MACKA-CHIN  / 揺〜D.N.A.〜 新品 NEW

MACKA-CHIN> / 揺〜D.N.A.〜

画像クリックで拡大表示

Item No. M10003818
Label BLACK SMOKER
Price \1,459 (\1,575 税込)
Made in JPN
Year 2012
Format CD
Cover NM
Vinyl NM
Condition
Genre MIXCD / MIXTAPE ・DVD
Sub genre MIXCD / MIXTAPE , HIP HOP MIX CD・TAPE・DVD , UNDERGROUND HIP HOP , HIP HOP , HEADZ / HOUSE / TECHNO MIXCD

MACKA-CHINはNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの一員としてシーンに登場、01年にソロ・デビュー作を発表している。ラッパーとしてだけではなく、トラックメイカー/プロデューサー/DJとしても活動するMACKA-CHINの、グループのハードコアなイメージとはまた異なるユニークな個性には特筆すべきものがある。ハウス、レゲエ/ダブ、ジャズ、ブレイクブーツ、アンビエント、ミュージック・コンクレートを飲み込んだ、とくにソロの初期2作『CHIN-ATTACK』(01 年)と『CHIN NEAR HERE』(02年)は、いまだ色褪せない日本のヒップホップの“隠れた名盤”と言えるだろう。90年代後半から00年代前半のクラブ・ミュージックの自由な息吹を感じさせるMACKA-CHINの実験精神と無邪気な遊びの感覚は、日本のヒップホップがますます多様化/雑食化する2012年のいま改めて評価されるべきではないだろうか。前述した2枚のアルバムを久々に聴き直して、強くそう思った。このタイミングで、現在のクラブ・ミュージック・シーンの一角を担う〈blacksmoker〉が古くからの盟友であるMACKA-CHINのミックスCDをリリースするというのは、単なる偶然ではないだろう。スウィートなルーツ・レゲエから始まり、パーカシッヴなアフロ・ファンクやダビーなブレイクビーツ、ブギー・ディスコやアシッド・ジャズからチルアウトまでが流麗にミックスされていく『揺〜D.N.A.〜』の古くて、新しい感覚は、東京のクラブ・シーンの深部にある“変わりゆく同じもの”を確実に捉えている。(二木 信)

ブログへ掲載
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加