ページの先頭です
Reggae / Dancehall  >  Garage Punk  >  BRENDA RAY  [D'YA HEAR ME!: NAFFI YEARS, 1979-83]

BRENDA RAY  / D'YA HEAR ME!: NAFFI YEARS, 1979-83 新品 NEW

BRENDA RAY> / D'YA HEAR ME!: NAFFI YEARS, 1979-83

画像クリックで拡大表示

Artist ブレンダ・レイ
Item No. B10003885
Label EM RECORDS
Catalog EM1108LP
Price \2,420(税込)
Made in Japan
Year 2021
Format LP Vinyl record (アナログ盤・レコード)
Cover NM
Vinyl NM
Condition
Genre Reggae / Dancehall
Sub genre Lovers Rock / Female Vocal , Neo Acoustic , Garage Punk , Club Music , New Wave

'00年代ベストセラーの新型ルーツロックレゲエ 『Walatta』で一躍有名になったブレンダ・レイは、 ポストパンク/ニューウェーヴ時代から活躍した ミュージシャンで、英国北西部を拠点に、スリッツ、 ポップグループ、ニューエイジステッパーズ (A. シャーウッドと交流があった)等と同じく、 レゲエ/ダブ/ジャズ/ロックのクロスオーヴァー の先端音楽をやっていた。彼女にはPOPなずば 抜けたセンスがあり、80年代半ばはソロとして英 Virgin等で作品を発表。かの『Walatta』はその 「後」のブレンダのソロ・キャリア集成のようなアルバムであった。 本作『ドゥヤ・ヒア・ミー!(聞いてんの?)』は『Walatta』以前の、初期の名作選集である。 収録曲はNaffi Sandwichまたは Naffi(ナッフィー)と名乗って活動したバンド時代の音源で、当時リリースはハンドメイド・カセットテープと7インチ。彼らはライブ・バンドとして結成されたわけではなく、アイデアにまかせて作品制作する録音ユニットだった。 本コンピで聴けるのはもうひとつの『Walatta』の世界で、リズムや手法にジャマイカ音楽の影響が濃厚だが、「レゲエを演奏する気はなく、 “Dub-up”したかった(= ダブのヴァージョンをやりたかった)」という彼らの音としてのレゲエ・クロスオーヴァーを演奏する。 表題曲の「D'ya Hear Me!」はリズムボックスを使って4トラのテレコで録ったD.I.Y魂炸裂のPOPチューン。「Naffi Take Away」「Krazee Music」などヘヴィーでキュートなレゲエ・クロスオーヴァー、ディープでダークなルーツレゲエ風インスト「Spring Thing- Hippy Dread」、『Walatta』人気曲「Starlight」の原曲である「Moonbeams」、ヤング・マーブル・ジャイアンツ風の「Everyday Just Another Dream」、未発表のオリジナル長尺版などなど。最後に今回彼女が<発掘>した「D'Ya Hear Me!」のデモを収録。ポストパンク/ネオアコ・ファンにも大推薦。 (※トリビア:もともとのバンド名Naafi Sandwich の「NAAFI」は英国の軍隊厚生機関のこと。だから初期のアートワークにやたら軍服が現れる)

ブログへ掲載
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
  別ウィンドウで試聴する

SIDE-A
01  The Scream
02  D'Ya Hear Me! (Original Version)
03  Naffi Take Away
04  Krazee Music
05  Krazee Version
06  Take Me In Your Car (Original Full-Length Version)
07  Maybe It's Because I'm Not A Londoner (Longer Version)

SIDE-B
01  Moon Beams
02  Rahmatullah
03  Everyday Just Another Dream (Longer Version)
04  Yummy Yummy Ya!
05  Spring Thing - Hippy Dread
06  D'Ya Hear Me (Demo)
 


チクロモバイルQRコード